イスタンブールからカッパドキアへ

投稿日:

トルコ



イスタンブールからカッパドキアへ移動する。
 
「カッパドキア」とはアナトリアの火山でできた大地、もしくはその地域を指す言葉で、街の名前ではない。
我々はギョレメという街に行くことにした。
サビハ ギョクチェン国際空港からカイセリ空港まで飛行機を使い、そこからはバスを乗りついで移動する予定だ。

イスタンブール旧市街からサビハ ギョクチェン国際空港へ

まずはトラム、FUNIKULER、HAVABUSを使いサビハ ギョクチェン国際空港へ移動する。

 

朝、6時にチェックアウト。
朝早くチェックアウトすると、ホテルのスタッフがロビーのソファーで寝ている姿を毎回目撃するんだが、それが普通なのだろうか。

 

トラムは6:00から動いているらしい。
スーツケースを転がしながら、急な坂道を上っていく。

 

宿から最寄りのCEMBERLITAS駅は何分に来るか分からないので、ホームで待つ。
かなり寒い。他の乗客は1人だけだ。
15分程待ち、6:20、ようやくトラムが来た。

 

7:00にタクシムを出発するHAVABUSには間に合うはずだ。
そのHAVABUSに乗れればチェックインにも間に合うだろう。
ただHAVABUSも渋滞次第で到着にかなりの差が出るようなので不安はある。

 

FUNIKULERに乗り換え、タクシム広場には6:50に到着した。
走って、HAVABUSの乗り場へ向かう。
6:55、乗り場に到着。
他の乗客も乗り込んでいるようだ。
スーツケース等の大きな荷物を積み込んでいるスタッフに行先を確認し、HAVABUSに乗り込む。

 

前にも別のHAVABUSが停まっていた。
「前に停まっているバスが7時のバスで、乗ってるバスが7時半のだったら笑えるね」って会話をしながら待つ。

 

7:00、ドライバーが乗り込んできてエンジンをかけた。
前に停まっていたHAVABUSが走り出し、我々が乗っているHAVABUSも動き出す。

 

30m程進み、エンストした。

 

「おいおい(笑)」

 

しかし、しばらくしてもエンジンをかけ直さない。

 

あれ?って思っていると、ドライバーが降りていった。
前にいたHAVABUSはいなくなっている。

 

他の乗客も異変に気付いた。
現地人と思われる男性がドライバーのところに行った。
血相を変えて戻ってくると、自分の荷物を抱えて走ってバスを降りていく。
まさかと思い、その男性に声をかけるが無視して走り去った。

 

私もすぐさまドライバーのところに行き確認する。

 

が、ドライバーは英語が全くダメらしい。

 

私が聞きたいことを察してくれた現地の若い男性が代わりに聞いてくれている。

 

が、彼もまた英語が全くダメらしい。
数字も英語で言えないようだ。

 

彼はスマホを取り出し、何かを打っている。

 

見せてきたスマホの画面には『0730』と表示されていた。

 

!!!!

 

本当に7:30発のHAVABUSに乗り込んでいたのか。
何でこれに乗せられたの分からないが、それはないんじゃないか!?
HAVABUSのスタッフを問い詰めたい気分だが、そんなことしている暇はない。
冷静に考えれば、もしかしたら7:00発のHAVABUSは満員で乗れなかったのかもしれない。
行先は確認したが、時間まで確認しなかったことを悔やむ。

 

とにかくタクシーで空港に向かうしかない。

 

焦っているとは言え、いくらになるんだろうか?と頭をよぎる。

 

見ると、現地人女性がドライバーにものすごい剣幕で詰め寄っている。
おそらく彼女も我々と同じ境遇なのだろう。

 

彼女に「一緒にタクシーで空港へ向かおう!」と伝える。

 

「シェアするってこと?」

 

YESと返す。

 

タクシーは彼女が捕まえて、値段交渉もしてくれた。
たぶん外国人価格みたいにぼったくられてはいないだろう。

 

7:00のHAVABUSでも渋滞のことがあるので、ちょっと不安だった。
できるだけ急いでくれるタクシーがいい。

 

タクシーは、プジョー406…ではなかった。
ヒュンダイだ。

 

乗り込んでみても、前に嘔吐用の袋はない。

 

だめだ、このタクシーは飛ばせない。

 

と、思ったが、女性から今あった出来事を聞いたのだろう。
高速に乗るとタクシーはめちゃくちゃ飛ばし始めた。
左右に車線変更を繰り返し、追い越しをかけていく。
これなら間に合いそうだ。

 

が、しばらくすると渋滞に捕まった。
やはりか。

 

しかし、7:00のHAVABUSに乗っていても渋滞には巻き込まれていた。
間に合わなかったら、その時はその時で考えようと思い気楽に構えることにした。

 

空港に着いた。
サビハ ギョクチェン国際空港もセキュリティチェックがある。
チェックを通過し、Pegasus Airlinesのカウンターへ。

 

間に合った。
20170323_1
 
そういえば国内線って何分前までにチェックインする必要があったんだろう。
タクシー代は割ったので安く済んだが、それでもHAVABUSに比べれば高くついた。
 

サビハ ギョクチェン国際空港からカイセリ空港へ

ボーディングタイムまで少し時間がありそうだったので、マクドナルドへ。
ここでも朝マックだ。
20170323_2

 

朝食を食べ落ち着いた。

 

サビハ ギョクチェン国際空港を出発。
20170323_3

 

トルコの大地を眺める。
浸食でできた地形だろう。
20170323_4

 

20170323_5

 

カイセリの街並みが見えてきた。
マンションのような建物が多い。空地も多い。
不思議な街並みだ。
20170323_6

 

このサイズのタラップって、人が引っ張てくるものだったっけ?
20170323_7

 

この空港も降りた後、ターミナルまでは歩くタイプだ。
20170323_8

 

ターミナルに入ると、すぐにターンテーブルがある。
ターンテーブルはこれまでに見た中で最も小さいと思う。
20170323_9

 

20170323_10

 

空港は小さく何もない。

カイセリ空港からギョレメへ

ここからギョレメという街を目指す。
ギョレメに行くには、まずOTOGAR(バスターミナル)まで行き、そこでバスを乗り換える必要があるようだ。

追記Cappadocia EXPRESSを使えば空港からホテルまで25TLで行ける。(おそらく)
その方が早いし安い。(あまり面白くはないかもね。)
ただ事前に予約が必要。(おそらく)
我々も帰り(ギョレメからカイセリ空港まで)はCappadocia EXPRESSを使った。もちろんチケットは前日に購入した。

ターミナルを出ると、すぐにHavasというバスが見えた。
20170323_11

 

『OTOGAR(BUS STATION)』と書いてある。
20170323_12

 

バスに乗り込む。
20170323_13

 

一人10TL。
20170323_14

 

20分でOTOGARに到着。
タクシードライバーがウザい。
「バスを使う」と伝えても、執拗に何か言ってくる。
無視をしてOTOGARの写真を撮っていると前に来て邪魔をするドライバー。
「ネットにアップする写真だぞ」と言ってもニヤニヤして動かない。

 

OTOGARの中は複数のバス会社が並んでいる。
20170323_16

 

声をかけられても、まずタクシードライバーでないことを確認してしまうようになってしまった。
ギョレメまで直接行くバスはないようだ。
AVANOSという街で乗り換える必要があるらしい。

 

チケットを購入。
一人15TL。
20170323_17

 

チケットに書かれた『PERON』はホームなどのことらしい。
4番に停まっているバスに乗り込む。
20170323_18

 

20170323_19

 

遠くに標高3,916mのエルジェス山が見える以外は他に何もない。
少し北海道の雰囲気に似てるなと感じる。
20170323_20

 

バスが出発して40分程経った頃、突然バスが路肩に停車した。
反対側に営業してるか分からないレストランらしき建物があるだけで何もない場所だ。
20170323_21

 

トルコ軍の軍人だろうか。
迷彩服の男性が2名乗り込んできた。
20170323_22
一人一人、国民IDカードをチェックし、無線機のような形をした端末に何かを打ち込んでいる。
テロを警戒してのことだろうか。
通路の反対側に座っていた初老の男性が「Passport, OK」と教えてくれる。

 

パスポートを見せる。
いつからトルコにいるのか?どのぐらい滞在予定か?といった質問をされたが問題なく終わった。

 

バスの中は結構暑い。
暑そうにしていると、先ほどの初老の男性がバスに付いているクーラーボックスに行き、冷えた水を持ってきてくれた。
機内食に付いているような水だ。
どうやら水は勝手に飲んでいいらしい。

 

1時間でAVANOSに到着。
隣の初老の男性に挨拶をして降りる。
20170323_23

 

バスの添乗員が、トルコ語で何かを我々に言っている。
ギョレメまでの行き方を教えてくれているようだ。
何を言っているか分からないという顔をすると、もう一度ゆっくりと教えてくれた。
トルコ語で。

 

やっぱり分からないが、「OK, thank you!」と返す。
バスが走り去ると、タクシードライバーが寄ってきた。
このタクシードライバーは英語が使える。
バスでギョレメへ行くと伝えると、そのバスは道の反対側で待っていれば10分もしないうちに来ると教えてくれた。
タクシードライバーっぽくない対応に驚いた。
優しいタイプのタクシードライバーだ。

 

道を渡ると20歳前後と思われる女性が立っていたので、ギョレメ行きはここか確認する。
合っているらしい。
OTOGARの向かいで、バス停らしきものが何もない道端で待つ。
20170323_24

 

20170323_25

 

本当に10分もしないうちにバスが来た。
先ほどの女性を見ると、そのバスだよって教えてくれた。
確かに『GÖREME』と表示されている。
20170323_26

 

しばらくすると、外の景色がカッパドキアらしい雰囲気になってきた。
20170323_27

 

添乗員はおらず、料金は降りる時にドライバーに払うシステムらしい。
一人3TL。

 

このバスの中でもトルコ軍による国民IDカードのチェックがあったが、今回は質問もなくパスポートの表紙を見ただけでスルーされた。

 

15分でギョレメのOTOGARに到着した。
正確にはOTOGARが見える道沿いに降ろされた。
20170323_28

 

徒歩5分程の宿にチェックイン。

 

ギョレメのサンセットポイントへ

少し休んで、夕方ギョレメの街を見渡せるサンセットポイントへ行ってみる。
不思議な地形を見渡すことができる。
20170323_29

 

20170323_30

 

20170323_31


  1. 匿名 より:

    ありがとうございます。ほぼ情報通りで、間違わずギョレメに来れました。
    バス等の運賃が一年半で20~30%上がってました。
    軍人の検問はありませんでした。
    2018/9

    • flight808 より:

      軍人の検問はありませんでしたか。平和になってきているんですね。
      トルコリラは下落しているので、日本円に換算するとお得になっているかと思います。
      トルコ、食事がおいしいですし、楽しんできてください!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ピジョン バレー(Pigeon Valley)をトレッキング

ピジョン バレーをトレッキングする。 ギョレメの街からはオトガルから川沿いに歩いて行けば、すぐにコースに入ることができる。   道中、コースに迷わないか心配だったが、目印となる矢印があるよう …

トルコ最終日

今夜、夜行バスでトルコを出国する。   初めての長距離夜行バス、そして初めての陸路での国境越え。 二人とも朝から少し緊張気味で何となく落ち着かない。   宿をチェックアウトした後も …

トルコ四日目

昨日は少し疲れた。 遅めに起きて窓から外を見ると、海には多くの船が出ていた。   イスタンブールをぶらつく。   トラムは歩道すれすれで走っている。   接触事故は起きな …

カッパドキアからイスタンブールへ

今日はカッパドキアからイスタンブールへ戻る。   朝、気球を見に行くが飛んでいない。 風が強いためだろうか。昨日も飛んでいなかった。 散歩をしてきただけになってしまった。   &n …

トルコ十一日目

いったい、誰なのか…?   トルコ人に日本語の別れ際の挨拶を教えたのは…。   何で、どいつもこいつも、   「さらばじゃ!」   って …