グランドバザールへ

投稿日:

トルコ



グランドバザールへ行ってみる。
宿からは10分程度の距離だ。

 

グランドバザールに入る前に、軽く食べていこうとレストランなどを見てまわったが、かなり客引きが強引なところだ。
私は強引に客引きされると逃げてしまうタイプだ。
ゆっくり店を選んで、自分で納得してから入りたいんだが、そんな悠長なことをしてられないぐらい引っ張っていこうとする。
逃げ続けて店に入れない…。

 

何とか強引ではない店を見つけたので入る。
ケバブはなかなかのサイズだ。
そして、おいしい。
20170320_14

 

腹ごしらえが済んだので、グランドバザールへ。
20170320_2

 

グランドバザールの周りにもたくさん店があり、そこはすごい人混みだったが、中はそこまででもないようだ。
20170320_3

 

20170320_4

 

20170320_5

 

20170320_6

 

雰囲気はいい。
しかし、少し歩いていると分かるが同じような店ばかりだ。
どこの店も同じ商品を売っているだけだ。

 

そして、ここの店員もかなりウザいと感じる…。
トルコって、商売人ウザい度ランキングは結構高めに感じる。

 

ちょっと足を止めると、すぐ捕まる。
歩いていても、日本語で声をかけてきて無視し辛い。
ゆっくり見たいんだが、ゆっくり見せてもらえない。
ちょっと見てるだけで、会計を始めようとする店員までいる。

 

あまり強引なタイプではない店員数人とは会話をした。
日本人が全然来ないらしい。
「アジア人がいても中国人ばかりだから、日本人を見るとうれしい。」
「日本人はトルコが危険だと思っているみたいだが、安全だと伝えてほしい。」
「このままだと日本語を忘れてしまう。」

 

そんなことをよく言われる。

 

日本語がうまいTシャツを売っているおじさんに屋根の上を見れるか聞いてみた。
無理だそうだ。
「グランドバザールで働く我々でも屋根の上には上がれない。」
映画でよく見る屋根の上は見られなかった。

 

グランドバザールは広く、迷路のようだ。
通路も真っすぐとは限らないので、いつしか方向感覚が狂う。
歩き続けると疲れる。

 

休憩。
20170320_7

 

夜はスルタンアフメト・モスクへ。
夜でも人が多い。
女性もたくさん出歩いている。
治安はよさそうに感じる。

 

スルタンアフメト・モスクはライトアップされている。
20170320_8

 

20170320_9

 

近くの公園の噴水がライトアップされていたので撮影してみた。

 

アヤソフィア
20170320_10

 

スルタンアフメト・モスク
20170320_11

 

すごいキレイでいい雰囲気だ。

 

しかし、その周りではシリア難民が物乞いをしている。
子供を含めた家族全員で物乞いをしている。
戦火から逃れることはできても、働くことはできず貧困からは逃れられないようだ。
悲壮感が漂い、まるでそこだけ別世界のようにすら感じる。
シリアから逃げてきたと言う子供に話し掛けられた。
父親は亡くなったらしい。
母親は足を失い、食べることもできない状態で寝たきりだという。
彼自身、顔や体に大きな傷跡があり、爆弾でやられたと言っていた。
日本にいるとテレビの中の話だったが、ここでは現実だった。
世界的な問題は、本当にあった。
見ていると、小銭を渡す人、無視する人、まちまちだ。
我々はどうすればいいのか分からない。

 

夕食は鯖サンド。
我々が店に行くと「サバサンド?」と日本語で聞いてきた。
日本語で「サバサンド」と言えば通じるようだ。
20170320_13

 

初めて食べたが、おいしい。
パンと魚って合わないだろうって思っていたが、かなりおいしい。
焼いた魚の味は日本と同じだった。
最近、日本食を食べたいなーって思っていたが、鯖の味が日本食のようにも感じる。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

トルコ四日目

昨日は少し疲れた。 遅めに起きて窓から外を見ると、海には多くの船が出ていた。   イスタンブールをぶらつく。   トラムは歩道すれすれで走っている。   接触事故は起きな …

エジプシャン・バザールへ

今日はまずサバサンドを食べに行く。   ガラタ橋と、ハリチュと呼ばれる金角湾を眺めながらのサバサンド。   その後、近くを散策。すると、グランドバザールに似た雰囲気の市場に。 &n …

トルコからブルガリアへ

ついにトルコを出国する。   23:00出発のバスに乗るため、トラムとメトロでバスターミナルに向かう。 宿から最寄りのSiRkeci駅へ。   ホームでシリア難民が手を出してきた。 …

トルコ最終日

今夜、夜行バスでトルコを出国する。   初めての長距離夜行バス、そして初めての陸路での国境越え。 二人とも朝から少し緊張気味で何となく落ち着かない。   宿をチェックアウトした後も …

エジプトからトルコへ

朝8:00にベニス細川屋の送迎サービスが宿の前まで来てくれた。 宿の朝食は8:00からなので食べることができなかった。   渋滞だったが40分程度で到着。 やはりエジプトは片道何車線なのか分 …