トルコ十二日目

投稿日:

トルコ



イスタンブールを出発し、ブルガリアへ向かうことにした。
もう少しトルコにいたい気分だが、このまま沈没してしまいそうに感じる。

 

ソフィア行きのバスのチケットを購入しに行く。
METROというバス会社の代理店はトラムのSultanahmet駅の近くにあった。

 

看板が出ているが気付きにくい。

 

一人90TL。
簡単に買うことができた。
バスの中ではお菓子と飲み物がもらえるそうだ。
wi-fiも使えるとのこと。

 

明日の深夜のバスで出発する。
トルコを出発すると決めると少しさみしい気持ちになってきた。

 

散歩をしながら宿へ戻る。

 

 

途中、グレーの混じったカラスを見かけた。
一匹ではなく、この辺りにいるカラス全てグレーが混じっているようだ。

 

ドリトスの美味しさは世界共通である。

 

ドリトスを開けると、何やら出てきた。

 

『TEBRiKLER!』とある。
『おめでとうございます!』ってことらしい。
当たりってやつだろうか?

 

買ったお店に持っていくとペプシを一本もらえた。

 

やった。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

トルコ四日目

昨日は少し疲れた。 遅めに起きて窓から外を見ると、海には多くの船が出ていた。   イスタンブールをぶらつく。   トラムは歩道すれすれで走っている。   接触事故は起きな …

地下都市へ

DERINKUYUの地下都市へ行く。 カッパドキアには『レッドツアー』、『ブルーツアー』、『グリーンツアー』という3つのコースがあるようだが、ここは『グリーンツアー』に含まれる観光地だ。   …

ピジョン バレー(Pigeon Valley)をトレッキング

ピジョン バレーをトレッキングする。 ギョレメの街からはオトガルから川沿いに歩いて行けば、すぐにコースに入ることができる。   道中、コースに迷わないか心配だったが、目印となる矢印があるよう …

トルコからブルガリアへ

ついにトルコを出国する。   23:00出発のバスに乗るため、トラムとメトロでバスターミナルに向かう。 宿から最寄りのSiRkeci駅へ。   ホームでシリア難民が手を出してきた。 …

トルコ十一日目

いったい、誰なのか…?   トルコ人に日本語の別れ際の挨拶を教えたのは…。   何で、どいつもこいつも、   「さらばじゃ!」   って …