エジプト考古学博物館

投稿日:

エジプト



かすみの体調も回復してきたので、エジプト考古学博物館へ行ってみることにする。

 

宿からは徒歩15分程度だった。
途中、英語教師だと言う現地人に話し掛けられた。
エジプト人は優しい人が多いので話していると、何故かシルバーアクセサリーの店へ誘導された。

 

これ客引きだったのか!

 

急いで逃げる。
“英語教師”ってのもきっと嘘だ。英語下手だったし。
日本人が信用しそうな職業ランキングに”教師”って入りそう。
そういうのを分かっていて嘘をつくんだろう。

 

博物館も警戒が厳重だ。二重のセキュリティチェックを通り、博物館の前まできた。

 

チケットを購入する。
入場券は1人75ポンド。
カメラを持ち込む場合は別途チケットの購入が必要で、50ポンド。
ミイラを見るためのチケットは中で販売しているようだ。
20170314_2

 

建物の中に入るには、またセキュリティチェックがある。
カメラもチェックされているようだ。
「カメラ2台持っているのか?」と聞かれる。
撮影券1枚しか持っていないが、カメラは2台持っている。
もう1枚必要なのかなって思って見ていると、別のスタッフが「OK、OK」って言ってくれて通ることができた。

 

子供の頃、母親が持っていたエジプトの図鑑をいつも眺めていた。
ついに、それらの出土品を間近で見ることができる。
20170314_3

 

20170314_4

 

20170314_5

 

20170314_6

 

20170314_7

 

20170314_8

 

20170314_9

 

とにかく、収蔵品は多い。ただ並べただけという感じを否めない。
20万点以上もあるらしい。
1秒に1点の収蔵品を見ても、55時間以上かかる計算だ。
じっくり見ようと思ったら1日では足りない。

 

アメンホテプ4世
20170314_10

 

トトメス3世
20170314_11

 

アヌビス神
20170314_14

 

その他…
20170314_15

 

20170314_16

 

20170314_21

 

20170314_20

 

ミイラ室のチケットを買う。
1人100ポンド。
20170314_17

 

ミイラ室は二つあり、このチケットがあれば両方入れる。

 

ミイラは撮影禁止だ。
ミイラは、毛髪、まつ毛が残っているのが確認できる。
言葉が出ない。

 

しかし、遺体は遺体だ。
長く眺めているものでもなかった。

 

ツタンカーメンももちろん見る。
ツタンカーメンが展示されている部屋も撮影禁止だ。
中国人らしき人はスタッフに隠れてスマホで撮影している。
スタッフが気付き、「スマホを見せろ!」って怒鳴っていた。
中国人は「撮っていない!」と言って頑なにスマホを見せるのを拒んでいた。
私は手に一眼レフを持ったままだったが、何も言われなかった。

 

閉館は17:00だが、16:45頃から外へ誘導され始める。
あと15分だ!って思っても、それ以上見ることはできないので注意が必要だ。

 

この像は何なんだ…。
20170314_18

 

20170314_19


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

インドからエジプトへ

結局、かすみの体調は回復しなかった。 航空券のキャンセルも考えたが、かすみは早くインドを出国しカイロへ向かいたいようだ。   メトロで空港へ向かう。   空港で薬を購入。 今更だが …

ギザの三大ピラミッドへ

今日はギザの三大ピラミッドへ行く。   メトロでEL GIZA駅へ。 料金は一律で1ポンド。   EL GIZA駅で降り、改札を抜ける。 改札から見て左右に出口があるようだ。 &n …

エジプト四日目

三泊させてもらったヴェニス細川屋をチェックアウトする。 今夜から個室はすでに予約が入っており延泊することができなかったからだ。 かすみの体調はかなり回復したが、まだドミトリーではなく個室の方がいい。 …

オールド・カイロへ

オールドカイロへ行ってみる。   メトロに乗りMar Girgis駅へ。   地上駅だ。   ピラミッドへ行った時、駅で写真を撮ろうとすると銃を持った軍人さんに怒られたの …

エジプト三日目

カイロで道を横断する方法は3パターンある。   信号がないので適当に渡る。 信号があっても動いていないので適当に渡る。 信号が動いていても無視して適当に渡る。   そのどれかだ。 …