リラの僧院へ

投稿日:

ブルガリア



今日は、ソフィアからリラの僧院へ日帰りで行く。
『地球の歩き方』を見ると、ソフィアからリラの僧院まで南に65kmと書いてあるが、あくまで直線距離のことだ。
道のりにするとバスターミナルから115km程ある。
北海道人としては大したことのない距離だが…。

 

まずはアフトガーラ・オフチャ・クペル(Овча купел)へ行く。
the Zapad station(ソフィア西バスターミナル)とも呼ばれるバスターミナルだ。

 

トラムを使う。トラム乗り場の近くの小さな建物でチケットを購入。

 

我々は4番のトラムで向かう。5番のトラムでも行けるそうだ。

 

KB. Овча купел駅で降りると、Магазинъ 345というストアが見える。

 

そのストアの向こう側にバスターミナルがあるようだ。

 

 

時刻表で『Rila Monastery』を確認。
10:20の出発だ。

 

小さいバスとは聞いていたが、バンだった。
海外ではよくあるタイプだ。
スタッフにリラの僧院まで直通か確認をして乗り込む。

 

支払いは乗り込む時にする。
一人11BGN。

 

バスは20人程乗れそうだったが、客は10人しかいなかった。
定刻通り10:20出発。

 

しばらくは高速道路を走り、その後は田舎道を走る。

 

12:00、Avtogara Rilaに到着。
まだリラの僧院までは少しありそうだ。
だが、なぜかここで20分の休憩をするようだ。
ドライバーの疲れも考慮してのことだろうか?

 

何かすることがあるわけでもないのでずっとバスの中で座って待つ。
しかし、20分経っても出発はしない。
結局30分の休憩になったようだ。
しかもドライバーは交代している。ドライバーの疲れとか関係なかった。

 

そこから30分程度でリラの僧院に到着した。
3時間かかると思っていたので、少し早く着いたことになる。

 

標高が高いからか、結構寒い。

 

リラの僧院は無料で入れる。

 

見所の一つは、このフレスコ画。

 

1833年の火災で消失し、その後再建されたものということで、比較的新しいものではある。
色鮮やかで非常に美しい。

 

 

 

 

 

1833年の火災を免れ、14世紀に建てられたまま残っているのがフレリョの塔。

 

壁画も当時のものらしいが、すごくキレイに残っている。

 

宿舎。宿泊できるそうだ。

 

到着した時は少し青空も見えていたが、どんどん曇り空になってきて、ついには雨も降り始めた。
寒いうえに雨で限界だ。

 

レストランで帰りのバスまで休憩しようということに。

 

 

帰りのバスは3:00。雨の中、バスが走っていく。

 

この辺りは岩山だ。
崖から落ちてきたであろう岩の撤去作業に出くわした。
よく見ると路肩にはそういう岩がたまにある。
ちょっと怖くなった。

 

帰りもAvtogara Rilaで元のドライバーに交代はしたが、他の休憩もなく2時間でソフィアに帰ってこられた。

 

トラムのチケットはバスを降りた目の前で買うことができた。
カフェの隣の建物。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ボヤナ教会へ

今日はボヤナ教会へ行く。 フレスコ画で有名な世界遺産となっている教会だ。   メトロでVitosha駅へ。 Vitosha駅は最近できたばかりなのか、かなりキレイだ。   &nbs …

ブルガリア最終日

今夜、ブルガリアを出発しルーマニアへ向かう。   正直、あまり楽しんだという感じはない。 何もない国だったな、という印象。 旅が下手なだけかもしれないが。   ヨーグルトは、明治ブ …

ブルガリアからルーマニアへ

4月6日 0:30の夜行バスでブカレストへ向かう。 ブカレスト到着後は、すぐにブラショフへ向かう予定だ。   遅くに行動するわけにもいかないので22時前にはソフィア中央バスステーションに到着 …

トルコからブルガリアへ

ついにトルコを出国する。   23:00出発のバスに乗るため、トラムとメトロでバスターミナルに向かう。 宿から最寄りのSiRkeci駅へ。   ホームでシリア難民が手を出してきた。 …