破傷風ワクチンは必要ない?

投稿日:

国内



こんにちは、てるです。

 

今日は、夫婦で破傷風のワクチンを打つべく病院へ行ってきました。

 

基本的にはワクチンはタイで安く済ませる予定ですが、
調べたところ破傷風は複数回打つ必要があるのと、
1回目と2回目は3~8週間程度の期間をあけなければいけないということで、
これだけは日本で済ませておこうと考え、時間に余裕をもって本日1回目の注射に臨んだわけです。

 

破傷風ワクチンを打てるところは限られていて、
札幌では『さっぽろ内科クリニック(トラベルクリニック)』と『市立札幌病院』だけらしいです。

 

で、料金を比較して安い方の市立札幌病院に行ってきました。

 

総合病院なので、そこそこ待たされ、

 

30分くらい経った頃、ようやく内科の受付に通され、

問診票書いて、体温と血圧を測られて、

 

また少しだけ待って、ようやく診察室に呼ばれました。

 

破傷風の注射は痛いという噂なので、待たされている間、ずっとドキドキしていて、
ついにこの時が来たか…という気分で入ると、

 

優しそうなお医者様が。

 

しかし、優しそうな雰囲気でも、イッタい注射打つんだろうなって思ったら、

 

真っ先に、

 

「子供の頃、破傷風の注射打ってるでしょ?必要ないよ。」って。

 

…。

 

え?

 

え?

 

どうやら第Ⅱ期の予防接種まで済んでいれば打つ必要はないとのこと。

 

二人とも三種混合ワクチンの第Ⅱ期まで済んでいることは母子手帳で確認済みでした。

 

しかし、

 

しかし、

 

ネットで調べたんだよ、いろいろと。

 

そしたら、20代前半であれば抗体はあるが、それ以降はなくなってしまうって、

 

みんな言ってたじゃん。

 

みんな書いてたじゃん。

 

疑問をそのまま聞いてみると、

 

「なくならないよ。」って。

 

お医者さんが言ってたことを要約すると

 

確かに弱まりはする
アメリカなど、10年に1回打つ国も確かにある。
破傷風は当然日本でも感染する病気だけど、年に1人診るかどうかというレベル。
またその患者も70歳以上。
海外行って、土木作業などに従事するのであれば打っておいた方がいいかもしれないけど、旅行なら不要。
マチュピチュ行って崖から落ちなければ大丈夫だよ。(何それ?)
万が一、怪我しても、その時病院行ってワクチン注射でも間に合う。
今回も1回打てばお釣りがくるぐらいなので、2回目なんて絶対必要ない。

 

ここまで言われたので、痛いと噂の注射を打たずに帰れるのか~と、ちょっと気が抜けてきてたんだけど

 

「ま、せっかく来たんだし打ってきなよ」って。

 

ちょっと一杯のんでいきなよ、みたいな軽いノリで結局注射を打つことに。

 

処置室へ通され、腕を出し、ついにこの時が~
針は普通そうだ。ちょっとチクッとするぐらいだろう。

 

あれ、刺さった?何も感じなかったな。(注射の時はいつも後ろを向いているので、刺されるところは見ていない。)

 

看護師さんが「入れていきますので、ちょっと痛いですよ~」

 

ここからが本番なのね?痛いという噂のアレがついに…

 

…。

 

おい、早く入れろよ。
めっちゃ不安と戦ってるのに、じらすなよ。
さっさと終わらせてくれよ。
覚悟はできてるから!

 

…。

 

「はい、終わりましたよ~」

 

え?うそ?

 

思わず、本当に「え?うそ?」って看護師さんに聞いちゃいました。

 

全く何も感じなかったんですけど。

 

誰だよ、痛いとか言ったの!

 

ビビり損だったよー。

 

注射のうまい看護師だったのかなー。

 

私が鈍感だったのかなー。

 

ワクチン接種から30分位は病院内に留まり体調の変化を確認してくださいってことだったので、お金払ってしばらく待合室で待って帰ってきました。

 

今回の料金は、消費税合わせて1人3,839円でした。
(自費診療なので初診料は加算されません。予防接種料だけです。)

 

しかし、複数回打つ必要がないってことは、タイで安く済ませた方がよかったな。

 

あ、そもそも打ちに行かなくてよかったのか。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

世界一周の為に選んだメガネ

こんにちは、てるです。   さて、先日書いたとおり、旅行にはメガネときどきコンタクトで行くことにしたわけであるが   ここで一つ問題が。   コンタクトの時はいいけど、メ …

ついに出発

一週間、お義兄さんの家に泊めていただいた。   お義兄さんは仕事があるため、出勤の時がお別れとなる。 6時半頃家を出ると姉貴から聞いていたので、6時に起きる。 しばらくゴロゴロ。 6時10分 …

帰国

Los Angelesから上海を経由して、新千歳に昼過ぎに到着。   ついに日本。帰ってきた。   見た目、やばいのかな。税関では英語で対応された。 我々は日本人に見えていないのか …

初詣

姉貴とお義兄さんに連れられて、初詣に行く。 多度大社。 上げ馬で有名なところ。   駐車場に入るのにも時間がかかり、参拝者の列に並び、お参りをする。   旅に持っていくお守りを買っ …

no image

実家へ

元日から飛行機に乗り、帰省する。 今回、一ヶ国目となるフィリピンに行く前に実家へ寄ることにした。 新千歳からセントレア。 セントレアまでは姉貴とお義兄さんが迎えに来てくれた。 俺の頭を見て、姉貴絶句。 …